新築一戸建てを建てるメリットとノウハウ!

木材を使った家になる

ハウス

温かみを感じる

北欧住宅は、北欧の家の工法を取り入れて作られる住宅です。木材を使って作られるところに大きな特長があります。北欧住宅は、ツーバイフォーと呼ばれる方式を使って家を建てます。ツーバイフォーは、パネルの形をした壁材が面で家を支えます。日本の従来の工法は木材軸組工法で、柱、梁、斜交いで家を支えます。日本の家にくらべて気密性が高く、冬の間は暖かい家になります。木材が多く使われているので、温かみを感じる家が完成します。北欧住宅は、自然の好む日本人の感性に合った家です。基本の構造は木材ですが、断熱材や断熱ガラスは使われます。家の中で長く過ごすことを前提に作られるので、居心地の良い家でもあります。派手な色は使われずに、落ち着いた雰囲気を持っています。

日本の家と大きく異なる

北欧住宅は日本の家とは、かなり異なった構造を持っています。まず外見が異なっており、それは屋根に現れています。日本の家にくらべて屋根の勾配が、急になっています。これは積雪を防ぐためです。他の外見上の特徴としては、窓が大きいことがあげられます。これは夏の間にたっぷりとした陽射しを取り入れるためです。家の中の構造も日本とは異なっています。廊下はほとんどなく、この構造はスウェーデンの家の作りを取り入れたものになっています。仕切りがないのも大きな特徴です。日本のようにふすまがないので、家の中に開放感があります。家事をするための空間が備えられている特徴もあります。家事といっても炊事だけではなく、洗濯やアイロンがけもする空間で、主婦にとっては便利なところです。