新築一戸建てを建てるメリットとノウハウ!

キッチンから見た生活

家の模型と図面

不具合も確認

京都での住まいでは暮らしやすさが求められ、新築の場合には設備も自分で決めることができます。この場合、設計事務所に設備図を作成してもらうことが大事です。電気と給排水衛生設備図、空調換気設備図などを作成してくれます。家づくりでは女性の意見が重要視され、キッチンやトイレ、浴室などの家事動線に関わる設備選びにも反映できます。京都でも、オーダーメイドでの選択肢もあり、ゼロからプランニングするにも設計事務所が利用できます。寸法や形状を自由に設計し、組み合わせも個人の趣味や趣向が優先されます。大事なことは設備機器の不具合がないのかなど、暮らしそのものです。給気と排気はどうなっているのか、使いやすい位置にコンセントがあるのか、家電との数との余裕などを図れるのも設備図を作成できる設計事務所のあり方です。

女性ならではの設計

きめ細やかなプランニングは女性ならではで、京都のとある設計事務所にも設計士に女性が在籍しています。子育てを経験していたり、仕事を優先するなど、女性の日常と非日常、平日と休日などに配慮した設計を得意とします。特に京都は食の文化から連想できるほど、キッチンの設計には着目しています。設計事務所の規模ではなく、図面引きとなる技能が評価の対象です。平面図と展開図で内部空間を立体的に掴め、暮らしやすさは設置図からチェックができます。京都の都心や住宅密集地では家族室を条件のよい場所に置きたいもので、女性設計士ならではのアイデアが活かされます。サービスバルコニーやゴミ置き場の検討、オープンキッチンにはユーティリティなど、使い方に応じて自由に計画できるなど、小空間の仕掛けは設計士のアイデアからも生まれています。